Apple Storeなど、iPhone正規店でのデメリット

正規店による修理を受けるには

iphoneをApple Storeにて修理を受けるためには、Apple Store直営店に直接修理に持ち込む方法である持ち込み修理と、Appleリペアセンターに配送する配送修理があります。いずれの場合も、Appleの専門研修を受けたエンジニアがAppleの純正部品を使用して、クオリティーの高い修理サービスを実施しています。Appleの修理サービスを申し込むにはインターネットのWEBサイトから申し込みが可能です。Apple Storeに持ち込む場合は、突然ストアに持ち込むことも可能ですが、常に混雑していますので、あらかじめ予約をしてから来店するとスムーズに修理することが可能です。修理時間に関しては、持ち込み修理であると画面割れなどの簡単な修理であれば即日修理が可能なこともあります。リペアセンターを利用した場合は10日前後かかります。

Apple Storeなどのデメリット

Apple Storeなどの正規代理店を利用した場合のデメリットとしては、正規代理店が混雑しているため、予約などの面倒な手続きをしなければならないことです。また、修理料金についても民間の修理業者と比較すると若干高めの価格設定となっています。修理時間については、画面の破損程度であれば正規代理店でもその場で直してもらうことも可能ですが、比較的預かり修理になってしまうことが多いです。なお、配送修理を利用した場合はどんなタイプの呼称であっても、10日間の修理期間がかかってしまうのがデメリットです。Apple Storeなどの正規代理店は数多くあるわけではないので、交通費をかけてApple Storeの正規代理店に足を運ぶのは、面倒だと感じる人も多いでしょう。

iphoneの修理を銀座の店頭でする場合、人気店では修理の受付だけでも何時間も待たされることも少なくありません。また、混雑時には修理に時間がかかることもあるので、修理を依頼する前に確認することが大切です。